根暗少年の復讐ハーレム調教計画



セクハラ自動車学校根暗少年の復讐ハーレム調教計画消滅都市 攻略

俺得修学旅行

俺得修学旅行は、今だけ限定で・・・

 

【会員登録すれば、今だけ・・・】

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

 

≪無料立ち読みはこちら!≫

 

≪パソコンの方はこちら!≫

 

「俺得修学旅行」無料購読の諸注意とあらすじ

本テーマについて内容の紹介そして楽しく読むための注意事項などを述べる。

 

俺得修学旅行・男は女装した俺だけ(奥森ボウイ)を違法サイトからダウンロードしようとしている方はとくに注意してほしい。

 

このような種類のエロ同人誌を違法サイトからダウンロードすると、パソコンやスマホがウィルスによる損傷する可能性が非常に高いからである。

 

違法としての処罰にもなりかねないので注意しよう。

 

事実とても多くの人たちがウィルスで個人データを抜き取られたり、架空請求などの被害にあっているのだ!

 

下の画像をタップすると・・・

↓↓↓↓↓↓

 

 

≪無料立ち読みはこちら!≫

 

≪パソコンの方はこちら!≫

 

 

もし違法サイトのNyaa・ZIP・PDF・RAR・トレント・2dbook・dropbox(ドロップボックス)などからのダウンロードをしようと思っている人は、とくに十分に注意されたい。

 

電子漫画や電子コミックさらにエロマンガを読みたいなら、コミナビのような公式キャリアサイトからのダウンロードが絶対に勧められることである。

 

美形ギャルが大好きな人とか、お姉さまに萌えちゃう人、そして年上だけど処女などという物語などが好きな人も全員満足させてくれるだろう。

 

 

 

 

≪無料立ち読みはこちら!≫

 

≪パソコンの方はこちら!≫

 

俺得修学旅行のこんなネタバレ

さて、めちゃくちゃ美形のエロギャルへの女装がバレてしまったから大変なのだ!

 

今回の修学旅行は、姉貴の強い依頼によってやむを得ず参加したのだが、卒業アルバムにちゃんと自分のフォトが載れば問題ないわけだ。

 

女装していること事態はマジで変態だけど、ムチムチでスレンダーな美女に逆夜這いされるというのはマジ最高だ!

 

ある夜に旅行先の宿泊温泉旅館のお風呂場にヤンキー美女との絡み声が響き渡ることがあった。

 

エロエロボディーを見せつけられたら俺の股間の息子も決して黙っちゃいない!

 

 

 

 

≪無料立ち読みはこちら!≫

 

≪パソコンの方はこちら!≫

 

 

これは完全に俺得修学旅行のユニークさなのだ。
ルナにその息子を握ってもらったらあそこは爆発寸前になった!

 

また、じつにうっとりしちゃう媚薬を飲んでしまった女子生徒は乱れ咲くのだった。

 

全身がハッスルしていまっては、もはやどうすることもできない・・・。

 

エロエロモードが全開になって、俺の息子にしゃぶりつく篠原だ。

 

「あ~もうダメだ!射精しちゃう~!」とか「もう我慢しないで挿入してもいいんだよ!」

 

と言い合う2人のシーンなどを安心して読みたい方は、上述の安全でお得な方法で、俺得修学旅行をご満喫あれ!

 

 

 

 

≪無料立ち読みはこちら!≫

 

≪パソコンの方はこちら!≫

2015/05/26 15:06:26 |

 

 

首まで海に浸っている。偶然を装って、夏目ルナの真っ白のビキニにてのひらをあてた。

 

偶然なのか意識的にそうしたのか、彼女の表情からは読み取れない。瞳がつやつやと輝いていた。

 

透明度の高い海の中に、彼女の豊かな乳房をはっきりと見てとれる。冷たい海水に浸っているせいか、彼女の熱を受け取りながら、同時に、伊賀勇太も彼女に熱を与えているのがよくわかり、それがほどよく気持いいのだ。

 

紐は滞れていたがツルツルした君のおか学費なくらい撃に解けた。「あん、だめ」伊賀勇太の視線を逃れるように躯をよじって乳房を隠す。

 

それは指先から少しずつ躯全体に拡がっていく。夏目ルナの躯がふっと浮いた。

 

「あっ、えっ?」驚きの声が短くあがった。乳房がつくる谷間は深く、太陽の光を遮っていた。

 

ブラジャーを外しにかかった。平静を装っているが、俺得修学旅行の夏目ルナの顔に困った表情が表れた。

 

紐の先端を握ると、思い切って引っ張った。指先がブラジャーのすぐ下の脇腹に触れた。

 

伊賀勇太は大胆になった。農場んでいるど、キニのカップの部分が藤から離れ、波間に浮かび上がった。

 

けれども手を使ってまで覆おうとはしない。脇腹を両手で掴んだ。

 

肉樹の反応はすぐ欲望というはっきりとし七形に変わり、脇腹を掴んでいる指先に伝わった。先刻のように、偶然触ってしまったのとは違う。

 

「何するのう?……」「あっ、すみません、ゆかりさん」「えっ?」「山神君って、エッチねえ」「そんな……」「手を離さなくてもいいの、触ってみたいんでしょ」「ええ、まあ」「そう?山神君がしたいって言うなら、ちょっとだけ、いいわ」小首をかしげ、いたずらっぼい笑みを浮かべると、両手を伊賀勇太の肩にかけた。海水パンツの中で縮こまっている股間の椰離がわずかに反応した。

 

夏目ルナの背中に手を回した。紐で蝶結びしているだけだということは砂浜でサンオイルを塗ってあげている時にわかっている。

 

指先で高校三年生の張りつめた躯が発する熱を感じる。夏目ルナを引き合わせてくれた水沢先生の瞳のような艶やかで深い受口いではなく、華やぎを感じる色を帯びていた。

 

張りつめて形のいい乳房の先端に、赤みを帯びた乳首が上向き加減にツンと立っている。見せつけるように乳房を突き出しさえする。

 

日焼けをしていない部分がくっきり見える。その拍子に、太ももと膝が俺得修学旅行の伊賀勇太の股間を掃くように撫でた。

 

海岸にいる人たちからは、海中でのことなど見えないはずだ。「きれい……」裸体を描いた絵画のようだった。

 

2015/05/25 21:47:25 |

ほのかに甘い香りが漂ってきた。おまえ、中学の時そこまでもてたか?」したぞ」「へへっ、そうかな‥…・。

 

しかもふたつも年上だろ。俺得修学旅行の伊賀勇太の正面に立ち、自慢げに股間を突き出して笑った。

 

女性陣はまだ着替えていた。気を利かしてくれたのか、朋子とふたりきりになりのに思えて内心、やられた、と感じていた。

 

「港のヨーヲヨコハマ・ヨコスカ」が流れている。ビーチサンダルをふたりとも持っていなかった。

 

ふたりきりになったこともあって緊張してし蔓つ。二五歳の水沢夏目ルナの裸体を、俺得修学旅行の伊賀勇太は脳裏に浮かべた。

 

跳ねながら場所を確保した。細かい白い砂だった。

 

海の家でサンダル買ってくるよ」佐藤はそう言うと、跳ねながら戻っていった。小泉ゆかりと一緒だから新しいものが欲しかったが、柳井旅庵でのアルバイト料が底をつきかけていて、サイドに白いラインの入っている紺色の水着で我慢するしかなかった。

 

「おい、すげえ美人じゃねえか。佐藤と婁別に打ち合わせをしたわけではない。

 

パンツの面積も小さく、その奥の茂みが透けて見えそうだった。絶好ぴよりあがっている。

 

この日のために新調したものだ。だけどなあ、小泉さんの前じゃ、朋子なんてかすんじゃうよ。

 

んと、正直言って、おまえが羨ましいよ」汗が背中をつたって流れ落ちていく。サングラスのせいで、彼女がどこを見ているのかわからない。

 

俺得修学旅行の伊賀勇太は振り向くと、息を呑んだ。ほかに水着などなかった。

 

引き締まったウエストから張りのある腰にかけてのラインには、健康的ななかにも鮮やかさがあって、一塁とは思えない。ワンピースだろう、と予想していただけに、大胆なその姿に驚いた。

 

俺得修学旅行の伊賀勇太は体育の水泳の授業で使う水着に着替えた。「ぽんやりして、どうしたの?」小泉ゆかりの声だった。

 

それが必要だということも知らなかった。乳房をようやく隠す程度の小さなブラジャーだ。

 

成熟した保健室の夏目ルナの躯と変わらないと思った。サングラスをかけたゆかりが立っていた。

 

「まいったな、足の裏が熱いよ。誰かがカセットテープ敬啓でい亀ダウン十タウン・ブギウギ・バンドの陰毛なのか腹毛なのかわからない毛を隠すように、佐藤は小さな水着をつけた。

 

俺得修学旅行の伊賀勇太は昼食代や帰りのバスの運賃を考えると、気軽に買う気にはならなかった。あの子たちもー年生でしょ、粍なことすると思って、わたし、声をかけなかったんだ」小泉ゆかりが横に坐った。

 

篠原佳織は、白いビキニの水着姿だった。波の音が心地いい。

 

裸足には熱かった。「佐藤君と朋子ちゃん、ふたりとも別のところに歩いていったわよ」「えっ?」「どうやら、気を利かしてくれたみたいよ。

 

サッカーの練習の時にはきつい層別しが、今は嬉しい。佐藤とふたりで、持参してきたゴザを持って砂浜に降りた。